スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

科学の限界を超えて

2008/05/01(Thu) 17:20
VOCALOID


ニコニコにうpされた時点でチェックはしてたんですが、
その時点ではミクに似ている声の人がモノマネして歌っていると本気で思っていました。
でもどうやらこれ初音ミク本人(この書き方もどうかと思うが)らしいです。

聴いてもらえばわかると思いますが、いままで公開されたどの作品よりも人間に近い歌い方で、何も知らなければ人間が歌っていると思う人もいるでしょう。
現に自分がそうでした。
そして調教次第でここまで人間に近づけることができるのかぁ、とも思いましたが、
どうやらそれも違うようでVocaListenerという新技術を使用しているとの噂。

このVocaListenerは2008年5月28日(水)に開催される「第75回音楽情報科学研究会」で発表されるものなので、現時点では真偽は不明ですがおそらくこれじゃないのかということで祭状態になってます。

ではこのVocaListenerはどんなものかというと

VocaListener
ユーザ歌唱を真似る歌声合成パラメータを自動推定するシステム



つまり・・・どういうこと?

関係する論文をパラパラと見てみましたが、頭の足りない俺には到底理解できませんでした。
ようするに声のモーションキャプチャーってことでしょうか。
このVocaListenerを使って声のモーションを抜き出して、それを初音ミクや鏡音リンに搭載されているVOCALOID2エンジンと合わせるとこんな歌声になるんじゃないかなぁと。
いずれにしてもすごい技術には違いない。

正直VOCALOIDブームそろそろ収束かなぁと思っていたんですが、ここ最近の名曲ラッシュや、今回のVocaListenerを見ると新時代始まったな!という感じがします。
いやむしろここが出発点だったんだよ!
スポンサーサイト

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 Rhoxの「冷やし中華をぶっ飛ばせッ!!」, all rights reserved.
Calendar
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。