スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

あったのは、悲劇と喜劇

2007/06/30(Sat) 20:01
ひぐらし

あーっはっはっはっは! 間に合ったーっ!
ひぐらし祭クリアしたぞぉおおおおお!!!


今回最大の名言はやはり

「や、やめろ雲雀13! お前1人でどうにかなる相手じゃない!」

気持ちはわかるがこの台詞はねーよwww



以下感想(※ネタバレあり) 物語の謎については皆殺し編でほぼ全て判明してるので謎解き的なものはないけれど、各キャラのさらなる掘り下げが行われているので今まで以上にキャラに感情移入できました。
圭一たちメインキャラだけでなく、大石や入江などのサブキャラのこともちゃんと描かれているのが嬉しかった。
大石と茜の和解シーンはよかったなぁ。


そんな最終章だけど、実はこれひぐらし初の魅音メインの話でもあるんだよね。
魅音メインの話なんだけど出番なさ過ぎてワロタ
「ならばとくと、園崎魅音の覚悟を見てみろぉおおおお!!」
のシーンはヘタレキャラ脱却もあってすごいカッコよかったんだけどさ
空気読めないキャラにはじまり、必殺の空気投げを披露し、最後には空気キャラと化す
そこに痺れるゥ、憧れるゥ!


っていうかこれ梨花ちゃんメインだろ
最後のほうなんて完全に梨花ちゃん主人公で圭一でさえほとんど出番なかったしな
これが真の主人公の力か・・・


そして忘れてはならないのが鷹野
この物語の黒幕なんだけど、ある意味鷹野自身も被害者の1人ではないだろうか。
鷹野に足りなかったのは信頼できる仲間。
仲間がいないってことはつまり
鬼隠し編の圭一、綿流し&目明し編の詩音、罪滅し編のレナと同じ状況なんだよな。
もし鷹野が圭一たちと同じ時を過ごしていたなら惨劇は起こらなかったんじゃないかと思う。
そんなわけでゲームやりながら「これ鷹野自身も救わないとダメだろ」と思っていたので最後の梨花ちゃんの行動はまさにGJ
まぁ、その代償はあまりにも大きかったがな・・・


原作やってないので最後のアレについては不満はなかったです。
最後には悟史も帰ってきてまさにハッピーエンドではないでしょうか。
原作やるとまた違って見えるのかなぁ
時間あれば原作最終章の祭囃し編もやってみたいと思います。


─そう。 ひぐらしのく頃に
スポンサーサイト

テーマ: ひぐらしのなく頃に 祭
ジャンル: ゲーム

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 Rhoxの「冷やし中華をぶっ飛ばせッ!!」, all rights reserved.
Calendar
08 | 2017/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。